Return to site

ジャムセッションで皆でできる曲増やしたい。Rare Groove編(1)

タイトル通りです。ジャズのジャムセッションってスタンダードがたくさんあって、というかそもそもスタンダードをやるのがジャズみたいなところもあるので、皆で共通の認識(曲)があるから手軽にあの曲やろうとかこの曲やろうとかできるのがいいことです。

だからっつって本ばかり見てて同じ曲をなんどもやっても暗記しない人がたくさんいるのはどうもアレですが。そしてしまいにはライブの時にも黒い本や青い本を開いてお客さんの前でライブやってるのに遭遇しますが「マジかよ」って思います。正直。

そんなことはさておき、、、

で、ジャズ以外のジャムセッションで共通の認識的な曲が少ないのでなかなか曲できなくて、ハービー・ハンコックの簡単な曲をやったと思ったら、いきなりフュージョンの曲になったり、そしてTOTOの曲が始まったりと、結構謎です。

ロックの曲やる場とファンキーな曲やる場は分かれててほしいなと正直思ったりします。

そして僕はファンキーな音楽が好きなので、そしてジャズファンクがハマるきっかけになったので、ジャズファンクの曲をジャムセッションでやりたいぜって思うのです。

よく皆さんが広げてる黄色い本の選曲がまとまりがなさすぎて僕がジャズファンクの本作りたいぜってくらいです。著作権があれだけどな、、、

そこでちょっとずつジャズファンクの曲のコードをぽんぽんと上げていこうかなと最近、採譜をしています。コードがあればメロディのコピーはできるでしょう。聴いて音探して弾く。これが耳を鍛えるコツですし。何事も練習ですし。

意外とコード簡単で人と合わせるのができそうな曲って結構あるんですよ、ジャズファンク

そんななか、僕が最近推したいのは・・・

Donald Byrd さんです。

Donald Byrd Disco

これ、Apple Musicの画面ですが、下に出てくる他のお勧めアルバムを見るだけでファンキーな人たちにたくさん逢えます。

ジャズファンクというのか、ファンキージャズというか。

ただ、確実にジャズのファムセッションでファンキージャズの曲はやらないので、それ以外のとこでしかやれないのだ。そして結構コードが簡単なのだ。

さいきん、Hip Hop が流行ってきているとのことで、そのサンプリングソースをジャムるのも楽しいんじゃないか。いわゆるレア・グルーヴってやつですね。

今日はこの曲のコードをば、、、

Street Lady Changes

コードも簡単だし、これがかっこいいんだ。このアルバムに入ってます。

Street Lady Album

画像をタップするとApple Music のページに飛びます。

終わらせ方は、F7(#9)からフェードアウトしてもいいし、|D-9 C-9| Bb9|でリットして終わってもいいし、最後のキメで終わってもいいし。かっこいいやつをやる前に決めれば良いのです。

ミュージシャンは誰だろう。Apple Musicはクレジットが見れないのが残念ですね。誰かそれを解決するサービスつくってください(他人任せ)

やるなら歌いながらやりたいですね。

たまには、Watermelon man, Cantaloupe Island, The Chicken, Cissy Strut, 以外の曲をやってもいいんじゃないか、、、というのがこのブログのスタートきっかけです。やろうぜ、黒い曲。

「ベースでアドリブソロ弾けるくん」とともにお楽しみください。

「ジャムセッションで皆でできる曲増やしたい」まとめ一覧ページはこちらです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!