Return to site

Electric Vibes Jam Vol.2

おまたせしました

Electric Vibes Jam Vol.2
はい、2回目やります。
曲をやるわけでもなく、ソロ合戦するでもなく。
もっと音楽のグルーヴや音の作りだす空間を楽しみたいとするセッションです。
前回は音数も多く、ノリもブラック寄りになってましたが。やっぱりドラマーの数だけその人のグルーヴがある。
ベーシストの数だけその人の歌がある。
鍵盤の数だけその人のハーモニーがある。
最近僕はこんなのにハマっています↓↓↓
"Gang Gang Dance"
"Tyondai Braxton"
"Oval"
"Richie Hawtin"
テーマ→ソロ→テーマ
このフォームでずっとやってきているジャズやジャズファンク、ブラックミュージック系の音楽は、だからこそ一曲一曲がセッションしやすかったわけですが。
ぼくのこのセッションは休憩まで音止まらないので関係ないです。
DJのmixのごとく最初から最後まで、人がかわってもグルーヴだけは止めずに展開していく。
曲が展開するのではなく、グルーヴが展開していくのです。
と、まあこの辺にしておいて。
詳細はまた後ほどお知らせしていきます。
当日の音楽情景を楽しみにしています。
皆さんも楽しみに来てくださいね!