Return to site

ジャムセッションで皆でできる曲増やしたい。Rare Groove編(4)

本日は29曲ぶっ通しで弾いてきました。最近、虚弱すぎてベース背負ってるのが辛いです。

でも軽いベースは音がスカスカですから。なるべく重い楽器つかいたいです。

今回もROy Ayers

水曜どうでしょうを見ながら書いています。今回もRoy Ayersの曲です。Lifeline といいうアルバムに入っている「Running Away」です。4つ打ちのディスコな曲で、Roy Ayersも長年ライブでよくやっている曲です。

Roy Ayers lifeline

画像をタップするとApple Musicのページに飛びます。

コードはこちら。超シンプルのマイナーの3コードです。

Running Away Change

これだけです。ここにHookのメロディーが入ります。こんな感じ。

Running Away Hook

Dippy doo〜, run, run, run
Dippy doo〜, run, run, run

てな感じです。ペンタトニックスケールです。

この曲はBass Lineがかっこいい

ベースラインも特徴的ですね。レンジが広くてちょっと練習必要そうです。

Running Away Bass

レンジが広くてちょっと難しそう。

そのうえに、歌のメロディが入ります。

running away

(A)のところが我々で言う「サビ」みたいなとこです。

ライブ映像見てたら、(B)パートから歌い始めて、後に(A)パートを持ってくるっていうやり方もしてました。

わかりやすくて良いですよね。

3コードといえば、いろんなジャズミュージシャンが3コードでファンキー楽曲書いているので、3コードのレパートリーを増やしたら、飽きなそうですね。

次は3コードのソウルジャズを持ってきてみますね。

「ジャムセッションで皆でできる曲増やしたい」まとめ一覧ページはこちらです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly